当院のトリミング・ホテル利用の条件

こんにちは。野添です。

当院でもトリミングを始めて1ヶ月くらいが経ちました。
たくさんの方に利用していただき、またぼちぼちリピートしてくださる方々もいてうれしいです。


今回はトリミング・ホテルの利用の為の条件の話です。少し長いです。
一般のトリミングサロンでは『混合ワクチン接種』『狂犬病ワクチン接種』を利用条件としているところが多いです。


なんで・・?って思います。なぜこの2つだけなのでしょうか?


個人的な感覚ですが、混合ワクチンで予防できるようなジステンパーやパルボなどを診断する機会は少ないです。
それよりフィラリア症の方が遭遇するなと思います。
ノミ・ダニに寄生されている子はもっともっと遭遇します。


なぜこのノミ・ダニ予防やフィラリア予防は軽視され、利用条件となっていないのか?
ノミ・ダニやフィラリア予防を利用条件としているところもありますがまだまだ少ないなと思います。
ワクチン類だけ確認してれば安全でしょうか?

もし自分の可愛いわんちゃんがトリミングに行ったとします。
その隣りでノミが少数寄生していて気づかれないままトリミングをされている子がいたらどうでしょう?
もしホテルに預けたとします。同部屋の子にダニがいたらどうですか?


本当にワクチン類の確認だけで安心なのでしょうか?


このようなことを以前から考えていました。
よって当院では『厳しい』と思われるかもしれませんが、
しっかり予防している人にとっては『当然』の利用条件をつけることにしました。
当院でのホテル・トリミング利用には
  ①『混合ワクチンもしくは抗体価検査(1年以内)』
  ②『狂犬病ワクチン(1年以内)』
  ③『動物病院で処方する薬品でのノミ・ダニ予防』
     ※頻度は製品ごとに異なります
     市販のノミダニ予防薬を使用していてノミが多数寄生した子を
           何回も診たことがありますので市販薬は不可です。 
  ④『フィラリア予防』※頻度は製品ごとに異なります
をすべて実施していることが必要になります。
意識の高いトリミングサロンではすでに当然の利用条件です。でもまだ少ないのが現状です。

これを徹底することで予防意識の高い飼い主様に、
より安全・安心な環境でトリミング・ホテルを提供したいと考えております。

この条件を付けることにより当院でのトリミング利用を断念される方には申し訳ありません。

しかし、より質の高い安全・安心なサービスを提供できたらと考えて決断しました。
条件を緩くして利用者を増やして儲けを出すより、良いサービスを提供できる方法を選びます。
当院のトリミングでは他では心配な持病のある子や高齢の子も受け入れる予定です。
なのでより精度の高い安全が求められると思っています。
ご理解いただける方々の利用を心よりおまちしております。
ぜひ動物病院ならではのトリミングをご利用ください。病院だからこその大きなメリットがあります。


IMGP3983.JPG


今回の利用条件のなかに『抗体価検査』という単語がさらっと出てきていますが、
ご存知でない方もおられると思います。またこちらについては別の機会に。

この記事へのコメント